【7/17昼現在あと120記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

「イタリア式食堂キャンティ」のドレッシングを頂きました。マイドレッシング史上屈指の美味さだった!

たのしい生活
スポンサーリンク

やっぱりレストランのドレッシングは自作とは比べ物にならないおいしさでした。

「イタリア式食堂キャンティ」のドレッシングを頂きました。マイドレッシング史上屈指の美味さだった!

またしてもひとから食べ物をもらいました。
今回のいただき物は、キャンティというイタリアンレストランのドレッシングです。

キャンティというのは、首都圏を中心に展開しているレストラン。サイトはこちら。
イタリア式食堂 キャンティ|chianti|レストラン

パッケージのさかなも、外国っぽい感じでかわいいなー。

さっそくサラダにかけて食べてみたところ、これがとてつもなくおいしかった!
酸味はなく、濃厚で、玉ねぎの甘味を強く感じます。

以前、ぼくも自宅でのドレッシングづくりに興じていたんですが、こんなにおいしいのつくれなかったなー。
関連記事:ドレッシングは奥が深い | yawn

お店で作っているものはやっぱりレベルが違いますね。
玉ねぎとかセロリとか、いろんな野菜をすりつぶして作っているのかなぁ。

ちなみにこのドレシングは、キャンティのサイト で通販もできるようです。

注意点としては、賞味期限が製造日から5日間というところ。開封後じゃなくて製造から5日間。
なので、手に入れたらすぐさまつかうが吉。

といっても、おいしすぎてついついつかってしまうので、焦るまでもなく自然に空となりました。

このドレッシングが家に常備されれば、サラダを無限に食べられることでしょう。

思えば、レストランに行くとお店のドレッシングを買って帰れるところ結構ありますよね。

これまでは全然手を出してこなかったけど、今度からドレッシングを見つけたら積極的に買っていこうと思います。

お知らせ。