本とか読んで考えたこと

本とか読んで考えたこと

自分の好きなようにやるには「強さ」がいる

まずはスキルを伸ばして周りの人に「認めてもらう」ことから。
本とか読んで考えたこと

自分のストライクゾーンを自分で決めて、それを看板として掲げること。

どこかで方向性を決めなければ、きっと「誰かの道具」のまま終わってしまうから。
本とか読んで考えたこと

ちょっと「背伸び」することで自然と次のレベルに行けるから。このごろ試している「背伸び」まとめ

自分が進化したい方面の背伸びをすることで、じぶんの成長をある程度意図した方向に誘導できると思ってます。
本とか読んで考えたこと

イケてるマイルールをつくって、それに熱狂できるひとが最強

真にイノベーティブな人は、もうひとがつくったルールなんかではつまんなすぎて遊べないんじゃないかな。
ブログ運営のメモとか

なぜ5ヶ月遅れでもブログを書いているのか。それは「自分のインフラをつくりたい」から

意識的かつ計画的に自分でそういう場所を育ててきたひとと、そうでないひとの間には、ある種の格差ができてしまうと思っています。
ブログ運営のメモとか

変化を記録する場所があるからこそ、変化できる

ブログは自分の変化をブーストさせるには最高の装置だと思います。
本とか読んで考えたこと

家はもっとこれからインスタントなものになっていくんだなと思った話

豊かさの最終目的は非効率を許容すること。
本とか読んで考えたこと

自分の中の二面性を許容できると生きるのがラクになるし、意図して二面性を持てるひとは強い

状況に合わせて臆面もなく自分のすすむ方向を変えられるひとのほうが生きやすい世の中になってきているというお話です。
本とか読んで考えたこと

自分ではじめる世界創造。庭園造りは価値観表現の最高の舞台なのでは。

小さいときの原体験というのは強烈。
本とか読んで考えたこと

出し惜しみしている限り、新しいアイデアは生まれない

真空が自然と埋まるように、脳内から古いアイデアを一度追いやることで自然と新しいアイデアが湧いてくるのでは、という話。