本とか読んで考えたこと

本とか読んで考えたこと

ポップコーン以上に映画館にマッチする食べ物を考察するの巻

生ハム、蒟蒻畑、そして映画に実際に出てくる食べ物あたりが良いと思います。
本とか読んで考えたこと

もやもやした気分になったときに備えて、自分で自分を切り替えるスイッチを用意しておくこと

自分の頭のなかがもやもやした時にするべき対処法を決めておくとけっこう生きるのがラクという話。
本とか読んで考えたこと

Web検索だけじゃ見つからない情報をtwitterで手に入れる。生のリアルタイムの声は実は貴重。

ブログとtwitterのそれぞれの長所と、検索の未来に対する考察。
本とか読んで考えたこと

このごろ生きるのがなんだかラクになりつつあるという話

たまには自分を振り返って見るもの悪くない。日々、ちっぽけなりに進化しているのかもしれないなーなんて思った。
本とか読んで考えたこと

気をつけたい効率化の罠。「すぐやる」という以上の効率化は無い!

知らず知らずのうちに陥りがちな「効率化の罠」。 ぐちゃぐちゃ効率を考えるよりも、すぐやったほうが早いよ!
本とか読んで考えたこと

うまく自分のゴキゲンをとってあげることの大切さ

モチベーションをうまくコントローするには「自分のゴキゲンをとってあげる」ことが大事なのではないかと思ったのでした。
本とか読んで考えたこと

簡単なことを難しく話すことは簡単で、難しいことを簡単に話すことは難しい

情報発信する立場にいるうえで、いつでも頭のなかにいれておきたいことのひとつ。
本とか読んで考えたこと

手持ち時間の粒度によって作業の優先順位を変えてみる

このごろ気がついた時間管理のメモ。かたまり時間はインプットとアウトプットに充てると効率がいい。
本とか読んで考えたこと

日常の行動は実のところだいたい無意識でやっていて、その行動を起こすかどうかはハードルが低いかどうかで決まってくる

物事に対するハードルを自分の意志で上げ下げすることで、無意識をできるだけコントロールするというのはけっこうおもしろいアプローチ。 書いてみると当たり前の話なんだけど、自分の生活の中で再発見したことで腑に落ちたので記事にしてみました。
本とか読んで考えたこと

なにかを洗練させる一番の近道は、壊してまた作りなおしてを繰り返すこと

2016年はこれまでのスタンスをじゃんじゃん壊していきます。 そして「壊してまた作りなおして」のサイクルを高速化して、どんどん洗練させていきたい。 今年は「人の期待には応えない」ようにします 2016年はちょっとした反抗期モー