別件に全力でフルコミットするのでしばらく失踪します。
9月上旬から追いかけ更新します!
近況はtwitterをどうぞ!

じっくり考えたこと

本を読んだり人と話したりして考えたことを文章化した記事はこちら。

基本的には、すべて自分自身に向けて書いている文章です。

自分の考えているや価値観は日々変わっていくので、それを書き留めておくと自分の成長がわかっておもしろいです。

じっくり考えたこと

うまくいくかどうかを確かめる最善の方法は、それをやってみることだ

たとえ「サンプル数=1」だとしても、実際に手を動かして結果を知ることは偉大。
じっくり考えたこと

自分のやりたいことを見つけるヒントは「その絶望に歓喜できるか」

その絶望に用がある。
じっくり考えたこと

いまさらながら「無駄にできる時間は一秒だってないんだな」と思った話。

死ぬときには目も指も動かなくなるくらい、それくらいやりきっていたい
じっくり考えたこと

強い人は「勝負どころ」をつくらせない。

いわゆる「のるかそるか」の局面には、絶対にしない。
じっくり考えたこと

人生は「小さな暮らし」の積み重ね。

清々しく機嫌よく生きる最大のコツは、目の前の暮らしに手を抜かないことだと思っています。
じっくり考えたこと

一番遠くに行けるのは「踏み込まない気持ち悪さ」を抱えながら歩き続けられるひと

安易に「自分はこうだ」決めてしまうと、その瞬間に限界が決まってしまう予感がしています。
じっくり考えたこと

正解はひとつではなく複数あるし、絶えずアップデートされるもの。

自分で正解を作れるひとが最強。
じっくり考えたこと

「目的地の共有」を意識すると、対人関係を生きやすくなるという話。

マクロとミクロの両方の視点を常に持つようにしたい。
じっくり考えたこと

継続しなければきちんと「失敗」することすらできないという話。

すぐに失敗だと思ってやめるのは「失敗」ではなくただの「諦め」。
じっくり考えたこと

履歴書には載らないスキルを増やしていきたい、と思った話。

自分の幅を広げていきたいし、そういう視点から人を見られるようになりたい。
じっくり考えたこと

現状維持は、逆流の中ボートを一生懸命漕いで初めて達成できるもの

ブログ毎日書いているひと全員を勝手に師匠認定してます。
じっくり考えたこと

「どのアドバイスを切り捨てるか」を自分の判断で決めることで人生は始まる

もっとワガママに取捨選択しながら生きても良いと思う。
じっくり考えたこと

「才能」という言葉は逃げ道を作るための都合の良い幻想

結局は「終わり続ける今を、一分一秒を、惜しめるかどうか」なんだと思っています。
じっくり考えたこと

他者を否定することをやめて、代わりに一つ良いところを盗むようにすると人生は好転する

人生には、気に入らない他者を否定してるヒマなんてない。
じっくり考えたこと

急速に形を変えつつある「お金」との向き合い方を考え続けていきたい

お金について考え続けることは、もう避けられない。
じっくり考えたこと

「いまの価値観」から脱皮するためにブログを書く

動物と同様に、脱皮を重ねることで初めて豊かな価値観が身につくと思っています。
じっくり考えたこと

自分らしさなんてなくていい。伸びやすいのは「影響されやすいひと」

「自分はコレ」と決めつけると、とたんに生きるのがしんどくなると思っている派。
じっくり考えたこと

やりたいことを今すぐ始めるべき5つの理由。

すべての条件が完璧に揃う日は、永遠に訪れない。
じっくり考えたこと

要約と書評は似て非なるもの。おもしろい書評記事を書くための3つのコツ

本というサンドバッグを相手に、いかに上手に「ひとりプロレス」できるか。
じっくり考えたこと

自分の「分身」を量産するほど生産性が高まり、自分自身(オリジナル)の価値も高まる

冗談じゃなくて、起きている間は常にこのことを念頭に置いて行動しています。
じっくり考えたこと

「絶対はない」という強い言葉は、自分自身への戒めとしてつかいたい

保身や他者への圧力としての「絶対はない」はかっこ悪い、と思う派。
じっくり考えたこと

「当たり前」の事ができるひとは「当たり前」ではない。

「当たり前」に代わる別の言葉を作ったほうが良いと思っている派。
じっくり考えたこと

身体は一日で作り変えられないが、習慣は今日から変えられる。

短期間の努力を無理してするより、小さな力で良い習慣を回していくことが大事。
じっくり考えたこと

100点を欲しいところで取るために。上達度と努力量の「効率曲線」に目を向けよう

まずは、自分にとってなにが100点の価値があるのかをよく知ることから。
じっくり考えたこと

背伸びして手に入れたモノは、自分を次のステージに引き上げてくれる。

動かせる金額の大きさは、そのひとの器の大きさ。
じっくり考えたこと

答えを追いかけるのではなく、ぼんやりとアンテナをはって待つ「無意識の思考法」

これをうまく機能させるコツは「無意識の自分を信頼する」こと。
じっくり考えたこと

理性で脳をやりこめろ。「めんどうくさい」という気持ちへの向き合い方。

もうひとりの自分の目線で「こいつをなんとか動かすにはどうすればいいんだろう?」と考え続けること。
じっくり考えたこと

言語化とは、自分の内面の壁を塗り替える「絵の具」を作ること

「言葉にするとディテールが消えてしまうから、言語化したくない」はきれいごと。
じっくり考えたこと

「ここではないどこかへ」から「どこでもないここから」への転換。

"Nowhere" という言葉が捉え方次第で "Now Here" になるように。
じっくり考えたこと

読んで終わりはもったいない。コメントつけてシェアして初めて血肉になる。

歩く自分の足元を照らすのはきっと自分の言葉。