【7/17昼現在あと120記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

手首痛対策に摩擦係数ゼロのマウスパッド「Airpad Pro」を購入したの巻。

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

ちょっと前にロジクールのMX Masterというでかいマウスを買いました。
関連記事:ロジクールのMX Masterを購入しました。でかいマウスは握りやすくてよい! | yawn

非常に使いやすいマウスでかなり満足しているんですが、唯一気になっていたのがその「重さ」。

重いマウスって操作するのに力が必要で、あまりに長時間使っていると手首が痛くなってくるんですよね……。

そういうわけで、滑りの良いマウスパッドを探してみたところ、気になったのがこのAirpad Pro。
公式サイト:エアーパッドプロIII 閲覧数順の検索結果 | POWER SUPPORT

あまりのツルツルさに笑いが止まらないレベルでした。
これはマウス操作で手首が痛くなっている人全てに勧めたい逸品です。

手首痛対策に摩擦係数ゼロのマウスパッド「Airpad Pro」を購入したの巻。

Airpad Proこちらがエアーパッドプロ。
本名は「パワーサポート エアーパッドIII マウスパッド ダークグラファイト 大サイズ AP-85」という長い名前です。

素材はシリコン製。
特殊な表面加工がされていて、まるでエアーホッケーをしているような感覚でマウスを操作できます。

色はブラック(黒)とスノー(白)、そしてこのダークグラファイト(灰)の三種類。
スノーはレーザー式マウスには非対応だそうなのでお気をつけください。

ぼくはダークグラファイトにしました。ちょっと半透明。

サイズは「大」がちょうど良いかも

Airpad ProこのAirpad Proは標準、大、超大の三種類のサイズがあります。
今回購入したのは「大」サイズ。

この「大」よりでかい「超大」も気になりましたが、そちらはもはや手に負えないサイズっぽかったのでおとなしく「大」を購入しました。

MX Masterをもとにしたサイズ感的にはこんな感じ。
個人的には大きすぎず小さすぎず、最高にジャストサイズ。

これまで使っている感覚では、このくらいの面積があれば十分かと思います。
マウスがマウスパッド上からコースアウトすることもありません。

もう一回り小さい「標準」でもMX Masterくらいのマウスなら十分操作可能だと思います。
ぼくは操作範囲に余裕があったほうがすきなので、「大」でちょうどよかったです。

空前絶後のツルツル感でまさにエアホッケー状態!摩擦音ゼロも嬉しい。

このマウスパッド、ほんとうにツルツル感が半端なくて、最初の5分はぜんぜん使いこなせませんでした。

これまでは机の上に何も敷かずに直接マウスを置いて操作していたんですが、その時の感覚のままに操作すると確実に画面の果てまでマウスカーソルが吹っ飛びます。

ホントの最初のうちは、ちいさいボタンをクリックするのにちょっと気をつかわないといけないくらいでした。
そのくらい簡単にマウスが滑る。

ちなみに表面加工の効果からか、マウスを操作する時にマウスパッドと擦れて出るはずの音も一切しないところも素晴らしいです。
微妙にああいうノイズってストレスになるので、完全無音はうれしい。

重いマウスを使っている人にこそおすすめ

このマウスパッドは「重いマウスを使っていて手首が痛くなってきたひと」にオススメ。

ぼくはまさにこのニーズがあって、良いマウスパッドを探している時にこのマウスパッドに出会いました。

MX Masterはけっこう大きいマウスなので、机の上に置いておくだけだと普通のマウスよりも動かすのに力が要る。
すると、ちょっとの負担なんだけど、それが積み重なってだんだん手首がだるくなってくるんですよねー。

長時間マウスを操作するひとで、手首に疲れを感じているひとは一度このマウスパッドを試してみたらいいかもしれません。

腱鞘炎とかになっちゃっても困るというのもありますが、そもそも「重いなぁ」と思いながら使っているのは手持ちのマウスのパフォーマンスが活かしきれていない証拠。

このマウスパッドはマウスのパフォーマンスを最大まで引き出すので、純粋に使っていて超たのしいです。

まとめ

はじめてこのマウスパッドの上でマウスを滑らせたときは、あまりの滑りっぷりに笑いが出ました。
そのくらい脳内の想定を超えた滑りっぷりです。

どんなマウスを使っていても効果を感じることができると思いますが、重いマウスを使っているひとにこそ試してもらいたいマウスパッドです。

特にMX Masterは、このマウスパッドを使ってはじめて、その真価が引き出されると言っても過言ではないレベル。
合わせ買いがおすすめです。

お知らせ。