【12/13夜時点あと86記事追いかけ更新中!

ABURATSU COFFEE ― クラシックな店内で味わう正統派コーヒー。ソファ席多数![2017年2月宮崎旅行記-11]

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

油津YottenのPods Coffeeでコーヒーを飲んでいたら目に入ったのが油津コーヒーの看板。
前回の記事はこちら:Pods Coffee ― 宮崎県内の移動販売コーヒーショップ。冬の雨をみながら飲むコーヒーは格別だった。[2017年2月宮崎旅行記–10]

歩いてすぐの距離だったので、ランチついでに立ち寄ることにしました。

ABURATSU COFFEE ― クラシックな店内で味わう正統派コーヒー。ソファ席多数!

油津コーヒーさきほどの油津Yottenから歩くこと1分、こちらが油津コーヒー。

シックな店構えだけど、キャンプ期間だけあって、広島カープのポスターが貼られていました。

油津コーヒーこの日は、どのお店もどこをみてもカープ一色。

ここもちゃっかりCOFFEEのCの文字がカープのCと同じフォントになってますね〜。

喫茶店とカフェのいいとこ取りな店内。ソファ席多いのがうれしい!

油津コーヒーお店に入るとまず目に飛び込んでくるのがこのレジ奥のボード。

入店した時に思わず目をひく華やかさ!

油津コーヒー店内の内装は全体的にクラシックな雰囲気。

油津コーヒーランプもクラシック。むしろアンティーク。

ちょうど、喫茶店とカフェのいいとこどりみたいな雰囲気かな。

油津コーヒー店内は基本的にソファ席。

テーブルと椅子の席もいくつかあるけれど、やっぱりソファはゆっくりできてうれしいな〜。

香りが良くてスッキリした酸味のコーヒー。パンケーキもカープ仕様!

油津コーヒーコーヒーは正統派。

飲んだあとも、舌の上にコーヒーのこうばしい香りが残っていてうれしい感じ。
すっきりした酸味でおいしかった。

口当たりが良い厚手のカップもいいね。

油津コーヒーこちらはパンケーキ。

全力で広島カープを応援するスタイル。

油津コーヒーなんといっても、この鯉のぼりをイメージした旗がかわいかった〜。

お子様ランチもこういう旗がついてくると嬉しかったけど、おとなになっても変わらないね。

油津コーヒーハンバーグランチはこんな感じ。

ライスが平盛じゃなくて、ちゃんとおにぎりになっている!
ごま塩ものってるし、なんだかこれだけでうれしくなるな〜。

肝心のお味の方もバッチリ。
しっかりとこねてあるんだけど、お肉の食感がしっかりしてて好き。

油津コーヒーやっぱり宮崎をはじめ、九州地方はソラシドエア推しですね。

油津コーヒーこの日は雨だったんだけど、しばらくくつろいでいたら、すっかりやんでいい感じ。

そろそろいきますか!

油津コーヒー表の看板の裏はこうなっていたのか……。

レジ裏のボードもそうだけど、こういうところに手書きでさらさらっと描けるセンスすごいなぁ。

まとめ

店構えをはじめ、ベースはあくまで地に足をつけたクラシック。
だけど、そのなかにいまどきっぽい感性を織り交ぜる工夫がされていて好印象。

喫茶店っぽすぎるとちょっと入りにくかったりするけれど、かなり良い雰囲気でした。

あとは、なんといってもパンケーキが良かったな〜。
ああいうところにも、お店を良くしていこう!っていうアイデアがみなぎっていて、こっちも良い気分で過ごせます。

旅先でコーヒーショップを開拓するのはおもしろい。
これからも旅行時は極力その土地のお店にいってみたいな〜。

次の記事はこちら:手作りパン工房ふわり ― 油津ガーデン内の小さなパン屋さん。クロワッサンはサクサク![2017年2月宮崎旅行記–12]

関連ランキング:カフェ | 油津駅

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II